本文へスキップ

いぼ、ホクロのレーザー切除のご案内。神戸市灘区 六甲道の皮膚科 アレルギー科 美容皮膚科 うえの皮フ科。

CO2レーザー(イボ、ホクロのレーザー切除)

相談の多いお悩み(下記症状をクリックすると詳細をご覧いただけます。)

シミについて ホクロについて かんぱんについて
イボについて たるみについて ニキビあとについて


CO2レーザーの治療(イボ、ホクロなどの治療)

ほくろの炭酸ガスレーザー手術
ほくろの除去方法の一つとして、炭酸ガスレーザーによるくりぬき法があります。細胞の水分に反応する10600nmの波長をもつレーザーで、隆起した部分、メラニンを含めたほくろ全体を蒸散させて削り取る治療です。これは、ほくろの境界ぎりぎりまで、ほくろの部分をレーザーで蒸散させることによって除去する方法です。治療後はぽっかりと穴があいた状態になり、軽度の浸出液を伴うじゅくじゅくした傷の状態になります欠損した部分の皮膚は、創傷治癒により、1週間~10日前後で皮膚が再生し、盛り上がり治癒します。

具体的な手順としては、まずはそのほくろが悪性でないかの確認後、局所麻酔を行い、炭酸ガスレーザーで切除します。治療時間は、だいたい1~5分ほどで済みます。ほくろが除去されたら、小さいものは傷に軟膏が塗り、大きめのものは創傷被覆材のテープで保護します。

手術後、傷が完全にふさがる1~2週間は、軟膏や傷を早く治すテープで覆っておく必要があります。傷がふさがってからも、多少赤みが残る場合もありますが、時間が経つにつれて、徐々に赤みも消えていきます。


ほくろの炭酸ガスレーザーのメリット

平坦なほくろのほか盛り上がったほくろや、色調が淡いほくろなど、様々なほくろの治療ができるということがメリットです。また、Qスイッチレーザーでは、メラニン色素のみを除去するため、もとの母斑細胞は残ります。そのため、後々色素を作り出すこともあり、繰り返し照射で少しずつ色を淡くする必要があります。その点、炭酸ガスレーザーですと、一度の治療である程度のメラニン色素を含めた母斑細胞全体を除去できるということもメリットの一つになります。
また、母斑細胞自体を一度で完全に除去する治療として、深く切り取って縫い合わせるという方法もありますが、線状の傷痕がほぼ残ってしまうのに比べると、傷痕が目立ちにくいことなどもメリットです。特にケロイドになりやすい方は完治できなくても、炭酸ガスレーザーを選択されることをおすすめします。


ほくろの炭酸ガスレーザーのデメリット
まず、少しでも悪性の疑いがあるほくろは適応外となります。この見極めが皮膚科専門医の重要な役割です。
幼少期からあるほくろや青く見えるほくろは皮膚の深いところまでほくろの細胞が入り込んでいるため、複数回の施術が必要になってしまう上、完全には取りきれない場合もあります。
1度であまり深くまで削りすぎると、へこんでしまったり、逆に盛り上がったりしてしまうことがあるため、あえて深追いせず、いったん皮膚が再生(上皮化)したのち、再発を認めた場合に再照射するほうが傷痕が目立ちません。
削った部分が上皮化するまでに時間がかかるため、10日前後軟膏外用やテープ保護などのダウンタイムを要します。また、上皮化後は、赤みや炎症後色素沈着が起こることがありますが、時間の経過ととともに薄くなっていきます。
深くまで母斑細胞が残っている場合は再発の可能性があり、数年たってから追加治療を要することがあります。
CO2レーザー

美容:治療方法から探す(下記ボタンをクリックすると詳細をご覧いただけます。)

e-MAXについて フォトRFについて リファームSTについて
マトリックスIRについて レーザートーニングについて Qスイッチヤグレーザーについて
CO2レーザーについて ケミカルピーリングについて イオン導入について
ピアスについて プロペシアについて

美容:症状から探す(下記ボタンをクリックすると詳細をご覧いただけます。)

シミについて たるみについて 肝斑について
そばかすについて シワについて ニキビあとについて
目の下のクマについて イボ・ニキビについて ピアスについて


保険診療疾患ついて(下記ボタンをクリックすると詳細をご覧いただけます。)

アトピー性皮膚炎について 接触皮膚炎について 脂漏性湿疹・皮脂欠乏性湿疹について
じんま疹について 帯状疱疹について 口唇ヘルペスについて
とびひについて 蜂窩織炎について 水虫・爪白癬について
皮膚カンジダ・でんぷうについて 疥癬について ニキビについて
イボ・ほくろについて ヤケドについて ケロイドについて
日焼けについて しもやけについて 乾癬について
掌蹠膿疱症について 円形脱毛症について 魚の目・タコについて
陥入爪・爪囲炎について 口内炎について 類表皮嚢腫について
線維腫について 脂肪腫について 皮膚悪性腫瘍について


美容診療(自費診療)の注意事項

診療について
  •  一部の施療を除き医師の診察が必要となりますが、特に医師の診察が必要出ない場合はお待たせせずにご案内できますので、美容のご相談でご来院の際は受付にお申し出下さい。
  •  施療を受けられる方が20歳未満の場合、保護者の同意書が必要となります。
  •  一部の施療につきましては完全予約制にて行っておりますので、来院時に施術できない場合もございますのでご了承下さい。
  •  美容診療に関しましては、患部の状況やその他当院にて施療が不可能であると判断した場合はお断りさせていただく場合もございます。
価格等について
  •  美容診療は全て自費となり、保険診療の対象外となります。
  •  記載価格につきましては予告なく変更となる場合もございますのでご了承下さい。
  •  施療範囲や症状によっては料金が異なりますので、ご不明な点等はお尋ね下さい。
  •  医師によるカウンセリング料は下記の通りとなっております。
  •  お支払は現金のみのお取り扱いとなっておりますのでご了承下さい。
カウンセリング料金

医師による美容カウンセリング料金は下記の通りとなっております。

初診料 2,000円 (税込)
再診料 1,000円 (税込)


Ueno Skin Clinicうえの皮フ科
皮 膚科・アレルギー科・美容皮膚科

〒657-0038
兵庫県神戸市灘区深田町4-1-1 
ウェルブ六甲道2番街3階
TEL 078-843-5300
FAX 078-843-5305

メールアドレスueno8hifuka@gmail.com

うえの皮フ科のQRコード